オリジナルTシャツのプリントならコピーワークス

ここでは、オリジナルTシャツを選ぶ時にポイントになる生地の重さや糸の太さ・編み方などについて、わかりやすく説明します。カタログを見る時の参考にどうぞ!!



これはある一定単位の生地の重さを表す生地目付けです。
プリントスターでは1平方メートル辺りのグラム数で表記しておりますが、もともとTシャツはアメリカから来た物なので、 一般的には1平方ヤード辺りのオンス数で計算されたオンス表記が多く利用されているため並記しております。

生地の厚さや風合い(肌ざわり)を判断する基準の一つとして糸の太さを表す「番手」による表示があります。

カード糸
ごく一般的な綿糸。短い未熟部分などを約5%ほど取り除き、コーマ糸に比べ、色艷や、 しなやかさが無い反面、シャリ感、涼感のよく出たラフな風合いになります。
コーマ糸 (00092-MJTなど)
綿花を紡ぐ最終工程でコーミング(combing=櫛がけ)を行い、短い未熟部分などを約15%?20%取り除いた綿糸。 コーミングを行うことで長い繊維だけが平行に揃えられた糸は、強さを増し、けばだちも少なく艷の良いものになります。

同じ編み方でも、わざと目を詰まらせ重さや堅さを出す「度詰め」や逆に目を粗くして軽さと柔らかさを出す「甘編み」な どもあり、同じ編み方でも様々な風合いの違いが出せます。

天竺・フライス・裏毛などの「カットソー」、平織・綾織・朱子織などの「布帛(ふ
はく)」と、様々な生地がプリントスターにはあります。

社長ブログ

奥さんの日記

デザイナーブログ

コピーワークスFacebookページ


 

リンク集

マップ