オリジナルTシャツのプリントならコピーワークス

プリントTシャツに使われる糸(生地)について

糸の種類

オリジナルTシャツに使用されている糸(生地)にも、さまざまな種類があります。使用目的やご予算をお知らせ頂ければご提案することもできます。お気軽にご相談下さいませ。

コーマ糸

綿花を紡ぐ最終工程でコーミング(combing=櫛がけ)を行い短い未熟部分などを約15%?20%取り除いた綿糸。
コーミングを行うことで長い繊維だけが平行に揃えられた糸は強さを増し、けばだちも少なく艷の良いものになります。

カード糸

ごく一般的な綿糸。
短い未熟部分などを約5%ほど取り除き、コーマ糸に比べ色艷やしなやかさが無い反面、シャリ感、涼感のよく出たラフな風合いになります。

セミコーマ糸

コーマ糸とカード糸の中間に位置する糸。
カード糸よりも柔らかいTシャツに仕上がり、コーマ糸よりラフな味わいが楽しめます。

オープンエンド糸

空気流で撚りを加えて糸にする紡積方式。
間に空間があり適度な空気を含んでいます。

糸番手とは?

糸番手

糸の太さの単位です。
綿糸の場合1ポンド(約453g)あたり840ヤード(約0.914m)の何倍になるかで表します。
数字が小さいほど糸は太く、数字が大きいほど糸は細くなります。

単糸・双糸とは?

糸番手

双糸
単糸を2本撚り合わせた糸を双糸(Ply yarn)という。
撚りを戻すと2本の単糸に分かれる。
強さは単糸の約2.5倍〜3ぐらいになり、双糸を使用した素材は腰があり糸目もはっきりしている。

単糸
紡績した1本のままの糸を単糸(Single yarn)という。
撚りを戻すとステープルもしくはフィラメントに分かれる。
単糸を使用した素材は柔らかくソフトな風合いに仕上がる。

※ステープル…木綿やウールのような、短い繊維のこと。
フィラメント…細長い繊維状のもののこと。 糸の太さの単位です。
綿糸の場合1ポンド(約453g)あたり840ヤード(約0.914m)の何倍になるかで表します。
数字が小さいほど糸は太く、数字が大きいほど糸は細くなります。

社長ブログ

奥さんの日記

デザイナーブログ

コピーワークスFacebookページ

 

リンク集

マップ