オリジナルTシャツのプリントならコピーワークス
オリジナルTシャツ作成にあたり、お客様からの質問・疑問にお答えします。

会社によりプリントの違いは出る?
オリジナルTシャツのプリントに使用するインクについて。
その工場が採用している材料や道具により「仕上りの差」が出てきます。
例えば「インク」では、水性タイプと油性タイプで風合い・肌触りが変わってきます。
どちらが良い悪いという事ではなくそれぞれにメリット・デメリットがありますので、 デザインや素材によって使用する材料を使い分ける必要があります。
プリントの良し悪しは「版の精度」「使用するインク」「スキージ(インクを刷り込むヘラの様な道具)」「職人の腕前」など複数の要因を経て決まります。 コピーワークスでは、デザインによって版の編み目の細かさを替えたり、素材(綿100%なのか、綿ポリなのか)によってインクを使い分けたり、またそれによってスキージなどの道具も使い分け、なにより熟練の職人が責任とプライドをもって加工しております。
Tシャツ作成会社はどこも一緒?
コピーワークスは自社工場直営なので安心してオリジナルTシャツを作成頂けます。
多くのTシャツ作成会社がネット上で溢れております。
様々なキャンペーンや企画でお客様のニーズに答える会社もあれば、プリント工場としてスタートした品質重視の業者、また縫製業者や衣料の問屋からの参入など様々です。
コピーワークスでは、デザインから製版・プリント・出荷に至るまで全て自社工場で管理していますので、品質・価格・納期などの理由から、また「版永久保管」「プリント位置変えフリー」など自社工場だからできる細かな対応でご支持を頂き、全国の多くのお客様にリピーターとなって頂いております。
ご利用頂きましたお客様の声をギャラリーにて公開しておりますので、是非ご覧下さい。 
インク2回刷りってなに?
濃い生地にはインクを2回刷るなど、きれいなオリジナルTシャツの作成に勤めております。
その名の通り「インクを二重に重ねてプリントする」ことを指します。
黒やネイビーなどの濃色生地へプリントする場合、1回プリントしただけでは生地色が透けてしまうので、2回プリントしてインクの発色を良くします。
濃色Tシャツへのプリントでは「2回刷りの追加料金」を加算するところもありますが、コピーワークスでは通常の価格のまま「2回刷り」をいたします。
また、ただ2回刷れば良いというものではなく、1回目は生地に馴染ませ下地を作るような刷り方をし、2回目は平らで細かい所が潰れない様な刷り方をした方が良いケースもあります。
簡単そうで難しい「職人の技」の部分ですので、濃色Tシャツへのプリントにその業者の技量が出るといっても過言ではありません。 
絵のこだわりを表現して欲しい!
クラスのTシャツやお店のスタッフウェアなど、思い出に残るものや長く使用するものを作る場合、「デザイン」にはこだわりたい方が多いのではないでしょうか。
コピーワークスでは「あと1センチ右に寄せて欲しい」「もっと濃いインク色はないか?」など、お客様の理想のウェアをお作りするためのこだわりを全てお聞きし、可能な限り実現できるようお手伝いしてまいります。
プリント位置につきましても「首元から何センチあたり」など、具体的な位置指定にも対応させて頂いております。
インクカラーについては、実際に生地にインクをプリントしたスワッチを作成し、見本帳として無料でご用意しておりますのでお気軽にお申し付け下さい。
また、好評いただいております非常に自由度の高い「位置替えフリー」プランなども有効にご利用下さい。 
デザイン修正は何度もすると有料?
Tシャツのデザインも納得いくまで修正致します。
コピーワークスでは修正回数の制限は特に設けず、無料でご納得・ご満足頂けるまでデザインの打ち合わせをしております。
そのため少々スケジュールが混み合う事もございますので、ご使用日がお決まりの場合は早めにお問い合せ頂きます様お願いしております。
一からのデザインには対応しておりませんが、弊社規定の「デザインするにあたっての目安になるもの」をご提供頂きますと、デザイナーが一生懸命「形」にしてまいります。
ご安心してお任せ下さい。 
プリント可能な細かさの目安は?
Tシャツをプリントするにあたってのプリントの細かさの目安です。
コピーワークスで使用しているインクは細かい表現も得意とする油性ラバー系インクですが、それでもプリント表現可能な限界点がございます。
大まかな目安としてはライン・抜きともに0.5ミリとさせて頂いております。
デザイン打ち合わせの過程の中で「この部分は潰れるので修正させて欲しい」「もう少し太くした方が良い」など、こちらからご提案させて頂くケースも出てまいります。
デザイナー様のようなプロの方の完全入稿データの場合でも、あらかじめ不具合の出そうな部分は相談させて頂き、ご了承を頂いた上で進めてまいります。 
洗濯でプリントが剥がれない?
Tシャツへのプリントはラバーインクがメインです。洗濯にも強いと言われています。
コピーワークスでは塩ビ系のラバーインクをメインに使用しております。
これはアパレルの店頭商品にもよく採用されている、洗濯にも強いとされるインクです。
※但し洗濯や保存状態(水分を含んだ状態での放置・車のトランク内のような高温多湿環境など)によって劣化具合(速度)が大きく変わります。
また納品時には「プリント加工商品の場合のご注意」という注意書きを同梱させて頂いております。 
新メンバー用で1着だけ欲しい!
追加時にも迅速に対応できるのがTシャツプリント工場直営のメリットです。
1着からの追加にもスムーズかつリーズナブルに対応させていただきます。
コピーワークスでは、部活動・サークル・店舗スタッフなど、新入生や新メンバーを迎える団体様にとってお得な特典をご用意しております。詳しくはこちら
1度お作りいただいた版は永久に保管しておりますので(コミコミパックは3年間保管) ○年以内に追加注文しないと「また製版代が必要」ということはなく、何年後にご注文頂いても製版代は不要です。

※版作成についてはいくつか注意点がございます。こちらをご確認くださいませ。 
不良品が出たらどうなるの?
厳しく品質管理をしておりますが、万一不良品が発生した場合、やり直しや返金など可能な限り素早く対応致します。
ネット販売の特性上返品をお受けできる期間や条件などを設けさせて頂いております。
詳しくは保証規約をご確認下さい。 
幹事として明細が知りたい!
オリジナルTシャツの作成にあたりコストの詳細をお知らせ致します。
コピーワークスでは「製版代」「プリント代」「オプション料金」「商品代」「消費税」「送料」など、作成にかかる費用全てを明確にしたお見積もりをご連絡させて頂いております。
また、数量やデザインが決定していない場合でも、1着あたりの大まかな価格を知りたい方には概算でのお見積もりもご連絡させていただいております。
ネット販売という顔の見えないお取り引きですので、安心してお任せ頂けるような対応を心がけております。
お見積もりの内容で不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。 

 

高いリピート率には理由があります

1.豊富な実績
コピーワークスはオリジナルTシャツプリント会社として創業23年目。(2017年現在)
おかげさまで全国の多くのお客様からご支持を頂いております。
個人のお客様から法人・学校・ショップなど、あらゆるシーンでのオリジナルアイテムの作成をご依頼頂いており、ブランドのアパレル商品から地元のサークルユニフォームまで、 ありとあらゆるご要望に対応できるよう自社工場にて体制を整えております。
2.揺るぎない技術
コピーワークスでは高いプリント技術を持った職人をリーダーとしてチームを組み、チーム単位でプリントしております。
プリントというのは道具や機械があれば誰でも簡単に出来るという物ではなく、素材ごとの最適なインクの選択や乾燥温度の設定、ベタ塗り部分を綺麗でフラットに見せるプリント技術、細かい部分を潰さず表現する技術など、熟練した職人だからこそ出来る作業が多々あります。
様々な生地・アイテムへの加工方法をリーダー補佐として経験し、多くの知識・技術を習得して始めてリーダー(メインプリンター)となります。そんなリーダーが目を光らせる中、どんなに繁忙期でも1着1着丁寧に仕上げてまいります。
3.作成費用の明確化
コピーワークスでは「製版代」「プリント代」「オプション料金」「商品代」「消費税」「送料」など、作成にかかる費用全てを明確にしたお見積もりをご連絡させて頂いております。
また、数量やデザインが決定していない場合でも、1着あたりの大まかな価格を知りたい方には概算でのお見積もりもご連絡させていただいております。
ネット販売という顔の見えないお取り引きですので、安心してお任せ頂けるような対応を心がけております。不明な点はご遠慮なくお問い合せ下さい。
4.プライバシー厳守
個人情報保護の観点から、コピーワークスでは「お客様ギャラリー」などでご案内させて頂く場合でも実名掲載ご希望の場合以外は匿名とさせて頂いております。
また、お客様側でご発注者が変わられた場合のお問い合せを除きお客様の情報を第三者に開示する事は一切ございません。また、情報暗号化のSSLも導入し機密保持に努めております。
5.コンプライアンスの遵守
オリジナル商品を作成頂くにあたりよく問題になるのが「著作権、商標権」などのいわゆる知的所有権です。
知的所有権は法律上守るべき権利であり、コピーワークスでは知的所有権に抵触する物または抵触する可能性のある物の場合は 版権所有者または使用許可の得られている証明のある場合のみお受けしております。
(デザイン入稿方法)
また当局からの指導により、特定の団体や個人およびその関係者からの依頼、また公序良俗に反すると弊社が判断した場合、不当なクレームと弊社が判断した場合など、正式発注頂いた後でも弊社より一方的にお断り(契約解除)致します。
またそれにより発生した損害などに関しましての補償・弁償などには一切応じません。

社長ブログ

奥さんの日記

デザイナーブログ

コピーワークスFacebookページ


 

リンク集

マップ